香川の暮らし、もっと楽しく

2020.08.7

COLUMN

おいしいのかたち




向かって左:ラボレームス店主の伊藤明沙香さん。
向かって右:おやつ工房mogmogの香西悠(ハルカ)さん。



先日ブログで紹介させていただいたラボレームスさん。

↓記事はこちらです(^^♪



ラボレームスさんでいただくお菓子もおいしくて。
ひとつひとつパッケージングされたお菓子の裏面を見ると製造者は「おかし工房mogmog」さんのよう。
かわいい名前。
ほんとにもぐもぐ食べたくなるお菓子、
どんな方が作っているんだろう。。。

ラボレームスさんのご協力でmogmogの香西さんにお話を聞くことができました。



香西さんは、吉祥寺のステファノアンナさんで修業し、ご結婚を機に香川に移住。
一度お菓子作りから離れてみて、やっぱりお菓子作りが大好きだ!と再確認。
工房だけ借りて試しに再開してみようとお菓子工房mogmogを立ち上げてみることに。


このお菓子を作るひとがこうだったらいいのになって思う理想通りの方でした。



出会いはナンパです


 



―おふたりすごい仲良さそうですね。
昔からのお友達ですか?


伊藤さん:わたしのナンパです(笑)2か月くらい前に。


―日も浅いんですね(笑)


香西:そうなんです(笑)わたしは結婚を機に香川に来て、すぐに始めた仕事があったんです。その仕事の同僚に荷物を届けたくて。 


どこにいるか聞いたら『ラボレームスさん』って言うので、どこだー?!って探して、


たどり着いたら『お菓子焼いてる人だよね?焼いてくれない?』って(笑)
「?????」って感じでした(笑)
今は本当に声を掛けていただいたことに感謝してます。


伊藤:その同僚がお菓子焼いてる人がいるんだーって、お菓子の人の個人情報とかたくさん喋ってくれてて(笑)
ちょうどお菓子焼いてくれる人ほしいな。。。って思ってたところに現れたんで。。。ナンパしました(笑)


―運命のナンパだったんですね(笑)



地域のものを楽しみたい!


 



レモンコーヒー、コーヒーゼリー、ストロベリータルト



―ストロベリータルト、おいしかったです。コーヒーゼリーもレモンコーヒーもおいしかったです(笑)語彙力がごめんなさい(笑)


香西さん:いえ、『おいしい』って言ってもらえるのほんとにうれしいです。
おいしいもの食べたときって「おいしい」しか出てこないと思うんです。
だから、ほんとにおいしいと思ってくださってるんだなって、うれしいです(笑)

タルトのいちごジャムは香川のいちごで作ってます。
せっかく来たので香川のものいっぱい使いたいなと思って。


―地産地消ということを考えてくださるのってうれしいです。


レモンコーヒーのレモンもふじかわ果樹園さんの無農薬レモンですよね!
コーヒーについてるフォーク、レモンを食べる用。これを残すともったいないですよね。皮までおいしいです。


伊藤さん:ありがとうございます。地元の良さを活かしつつ、うちのコーヒーに合うものをと思って作ってもらってます。
知り合ってまだ2か月くらいですけど、お菓子を作ってもらうようになってわかったのは、ふたりとの食べ物の好みも似てるし、相性も悪くないってこと。



香西さん:そうですね。伊藤さんはいいものはいい、合わないものは合わない、はっきり言ってくださるし、頼りになります。最高のプロデューサーです(笑)
なので今、ラボレームスさんに並んでるお菓子はわたしがたくさん作ってきたなかでの選抜組。


伊藤さん:全部食べて選んでますし、賞味期限も早めに設定してますけど、その3日後、一週間後、一か月後。。。という感じでどんな感じで変化するかも体感してます。



売らないでください!


 



-どれくらいのペースで納品なんですか?


香西さん:最初は2週間に1回だったんですけど、1週間に1回になり、今では3日に1回になりました。
毎日のようにお店に伺ってたんですけど納品はしてなくて。


伊藤さん:週1じゃ納品が追い付かなくなって「伊藤さん!売らないでください!」って言い始めたので(笑)
どうせ毎日来るなら少しずつでも納品もするようにすればいいんじゃない?と

香西さん:買っていただいてありがたいんですけど、それで納品が追い付かなくてパニックに(笑)伊藤さんに言ってもらって「あぁ、そうか!」と。
その方が楽でした(笑)


あとは形にするだけ


 



―おいしいお菓子。食感がサクホロで、コーヒーによく合う味です。


香西さん:「パラディーゾ」というお菓子です。イタリア語で天国という意味なんです。
このお菓子を初めて食べた人が、その美味しさから『これは天国のお菓子だ!!』と叫んだことから名づけられたそうなんです。
名前の由来の面白さが印象的で。


伊藤さん:おいしすぎる相性。


香西さん:まだまだ作りたいお菓子があるんですけど。

伊藤さん:そう。ふたりでいると、どんどんアイデアが出て来て、形にするのが追い付かない!!(笑)


香西さん:こんなお菓子いいな、食べたいな。こういうお菓子をあげたいな。そんな想いを大切にしながら、その想いを形に。そして納品がんばります(笑)
いつのまにかみなさんが「そう言えばこのお菓子よく食べるなぁ」ってなっていたらうれしいです!



かいたひと:森山 ゆかり

SUPPORTER

STORE

COMPANY

GROUP

AREA 高松市 東讃 中讃 西讃
NEWS